合格への近道に徹底的にやりたいこと

社会人の方が公務員になりたい場合、試験対策として効率のよい予備校や専門学校の社会人講座を受けることになるでしょう。この考え方は間違いではなく、学校ならではのノウハウを持っており、確実に試験合格への勉強法を指導してくれます。独学だと何から手を付けてよいのかわかりにくく、闇雲に勉強を始めて時間だけが過ぎ、最終的には時間配分がなってなく勉強できなかった部分も出てしまうのです。それなら最初からスケジュールを立ててくれ、そのとおりに進むだけでいい社会人専門講座が役に立つのです。

また、学校の優れた点として、面接対策をやってくれることがあります。独学だと客観的な面で見られない、試験対策になっているのかがわからないなどの問題が出てくるでしょう。独学で勉強はできても面接対策は一人では絶対にできませんから、学校に通う費用は時間を買うという感覚が必要です。学校に通い1年で試験に合格するのと、独学で費用を節約して1年を棒に振るのとどちらがよいのか考える必要があります。社会人の方は時間的余裕もないため、圧倒的に学校へ通ったほうが効率はよくなります。

ただし、学校に通って消化するだけではまだ不十分です。学校では過去問を使い問題を解いていくため、わからなかった部分をそのままにせず、何度も復習して完ぺきに解くことができるよう対策してください。問題集は過去に出た問題を中心に掲載しており、それをすべてマスターしてしまえば、試験問題もほぼクリアできるはずです。

コメントは停止中です。